HANS Device » hansとは

Home » hans

hansとは -序文、基本的な概念-

HANS製ヘッドとネックのサポート開発、試験、性能
Robert Hubbard, Ph.D.
序文:
 最近のレーシング業界ではレース中に引き起こされる惨事の多くは過度のヘッド移動やネックへの負荷による頭蓋骨骨折であると認識されて居ります。Dale Earnhardの死はレーシング界や一般公衆に小さな衝撃によるクラッシュと思われるものが致命的になることを立証して居ります。10年以上の開発と広範囲に渡るテストにより、深刻な損傷の機会やそのようなクラッシュによるドライバーの死を減少させるレーシングギアがございます。それがHANS装置である。

file 3-1.jpg HANS製のヘッドとネックサポートは1980年代の半ばにDr.Robert Hubbard、ミシガン州立大学の生物力学教授により発明されました。1970年代には彼はクラッシュテストダミーの開発のためジェネラルモータース調査研究所で働いて居りました。従兄弟のJim Downing(長い間レースカーを作りそしてドライバーでもある)は数多くのレースが衰弱してしまうことや致命的なヘッドやネックの負傷が防止できることを信じて居りました。

 HANS社はDowningの心配ごとに対するHubbardの返事である。HANSの概念は真のレーシングクラッシュにおいて効果的であることを確かめるために、Dr.Hubbardはミシガン州、デトロイトにあるウェイン州立大学でクラッシュによる負傷生物力学専門家として1989年にHANSのプロトタイプを開発し試験を行いました。クラッシュダミーを使っての初期の衝撃によるすべり試験はHANS製を使用した場合と使用しない場合(参照1と2)のヘッド移動、加速、ネックへの力を比較するために利用されました。話は変わって、Downingはレースの際、様々な初期の配置でHANS製を着用しました。


file 3-2.jpg 初期のHANS(図表1)は1990年に発売されたもので近年ではジェネラルモータース、フォード、メルセデスベンツ(ダイムラークライスラーの)がHANS製の性能について数多くの研究を行って居ります。(参照2-5)これらの研究はドライバーの負傷を減少させる上でHANS製の効果が広く認められた事で続いて居ります。2000年にHANS製のコンパクトバージョン(図表2)が開発されました。CART、IRL、F1、NASCAR、NHRA、ASA、SCCA、APBAや他の数多くのレース用として。

 広範囲による試験にてHANS製が首尾一貫してヘッド移動とネックへの負荷から可能性のある負傷を減少させることを証明いたしました。使用されている1500以上(12年間で)のHANS製に関し、HANS製を着用しているドライバーには重大なヘッド又はネックへの負傷はございませんでした。

基本的な概念:
 HANS製を使用しない時のクラッシュにおいて、ショルダーハーネスや座席にはドライバーの胴を抑制し、ネックのみはヘッドとヘルメットを抑制する。HANS装置はドライバーのヘッドが引っ張られて上体から離れないように致します。HANS製の使用で前方衝突によりネックを引っ張る力はドライバーのヘルメット後ろでヘルメットからHANS製カラーまでのデザーで80%以上は減少されます。前方のクラッシュではこれらのテザーは胴やHANSがショルダーハーネスによって抑制されている間、ヘッドの前方移動に直接逆らう力でヘッドを抑制いたします。クラッシュ時に胴で移動するヘッドを抑制することでヘッドの動きやネックへの力は劇的に減少されます。