HANS Device » hansとは

Home » HANS Device » hansとは » hansとは -試験結果-

hansとは -試験結果-

ファイル 24-1.jpg

参照1-5に基づいて図表6はHANS使用時と不使用時の典型的な試験結果をグラフィックで要約したものです。ネックの上部から矢印でヘッドとネックが引き離されている力の大きさを示して居ります。これらの矢印はHANSがどの程度これらの力を減少しているかをイラストで計るために引かれて居ります。
 HANS不使用時ではヘッドがネックを負傷限界値を少し超えるずれの負荷で前方へ引いて居ります。ネックの引っ張りはヘッドが激しく前方へ揺れるために負傷限界値より大きくなります。ネックのずれや引っ張りは負傷限界値のおよそ2倍の負荷に結合して居ります。
 これらの極端なネック負荷はレースドライバーの死に最も多い共通の要因になっている頭蓋骨骨折の原因である。HANS不使用時でのクラッシュ試験ではネック負荷のようなヘッド加速はヘッドの揺れ移動により、最も大きいものです。HANS不使用時のHIC負傷は安全基準のおよそ2倍であるがHANS使用時ではそれ以下となる。HICのこれらの数値は重要でHANS不使用時ではヘッドは頻繁にコックピットの部分に当たって居ります。
 HANS使用時ではヘッドは胴と共に移動するのを抑制して居り、前方へは激しく揺れる事はありません。全てのネック負荷は減少され、ネックの引っ張りは殆ど吸収されます。ヘッド加速もまたヘッドの揺れが減ることで減少されます。HICの数値は典型的に減少されてヘルメットの衝撃はHANS使用時ではまれである。

ファイル 24-2.jpg

図表7は2000年にウェイン州立大学でのNASCARコックピットをシュミレーティングしてのクラッシュ時のずれ試験をGM社の高速ビデオからのひとこまを示して居ります。ずれの加速は45Gでした。HANS不使用時での他の試験ではヘルメットとヘッドは前方へ移動し、ステアリングホイールに当たって居りました。高速ビデオからのひとこまからは明白ではございませんがHANS不使用時でダミーのヘッドはヘルメット内部で前方へ回転してダミーの顎はヘルメットの下部より下であった。HANS不使用時の全ての場合、ヘッドとヘルメットは衝撃の方向へ回転します。前方での衝撃ではヘッドは顔をさらすまで移動してヘルメットの目の位置はヘッドの上部へ移動します。これもまた参照4の中で明記されて居ります。
 HANS使用時ではヘルメットはテザーにより抑制されて居り、このテザーはヘルメットとヘッドの後ろで下に置かれて居ります。一旦HANSテザーがヘルメットを保持するとヘッドは抑制されて負荷は額を横切って頭蓋骨の強い部分に分配される。
ヘルメットとヘッドは揺れから抑制されて居り、HANSは通常のポジションでヘルメットとヘッドを保持する手助けとなる。図表5と7では、HANSがショルダーをおおってヘルメットとヘッドを保持している事とヘッドがHANS不使用時のようにヘッドは前方へ揺れないことがご理解できると思います。