HANS Device » hansとは

Home » HANS Device » hansとは » hansとは -前方衝撃の動き-

hansとは -前方衝撃の動き-

前方衝撃の動き:
 図表3-5ではHANS使用時と不使用時の各試験中におけるヘルメットの極端な前方位置を示して居ります。図表5ではHANSが胴で移動するヘルメットを被ったヘッドを抑制して居ります。胴はドライバーの上体を意味する。初めに胴はベルトの下HANS製のテザーがヘルメットを被ったヘッドの力で真っ直ぐに引かれるまで前方へスライドします。次にHANSと胴の前方位置はショルダーベルトで抑制されました。


ファイル 23-1.jpg HANS不使用時の前方試験では(図表3)ダミーのヘルメット着用でのヘッドがステアリングホイールにぶつかります。この動きの総量は注目すべきものでドライバーのヘルメットはしばしば実験のクラッシュではステアリングホイールにぶつかります。最も大きなヘッド加速とネックへの負荷(HANS不使用時・テーブル1)はステアリングホイールの衝撃前で安全性の限界を超えて居りました。これらの過度の負荷は生命を脅かす頭蓋骨骨折の原因となって居ります。


ファイル 23-2.jpg 初期のHANS装置(図表4)ではヘッドの動きは減少され、ステアリングホイールでのヘッド衝撃は避けられて居ります。ヘッド加速とネックへの負荷(テーブル1)は重大な意味を持って減少されて居ります。これはHANSユーザーがヘッドやネックに負傷を生じていないという大きな理由である。


ファイル 23-3.jpg 横たわったドライバー用のHANSプロトタイプ(図表5)は前方へのヘッド移動を7.5インチ減少させました。HANS製でない(図表3)ものと比較して。また初期のHANS製(図表4)のものと比較しては3.3インチ減少させました。加えてヘッド加速とネックへの負荷は減少しました。HANS使用時(図表4と5)ではヘルメットはテザーでコントロールされて居り、ヘルメットはドライバーのヘッドにある。