HANS Device » hansとは

Home » HANS Device » hansとは » hansとは -最近のHANS試験と開発-

hansとは -最近のHANS試験と開発-

最近のHANS試験と開発:
 1997年にダイムラークライスラー、Hubbard&DowningはFIAフォーミュラ1にふさわしいHANS製プロトタイプの開発と評価に関して共同で研究を行いました。Hubert Gramlingはダイムラークライスラーにより、HANSの技術的な評価を導入致しました。
 HANSプロトタイプの進展は初期の装置(図表1)より小さなHANS(図表2)を開発するために多くの衝撃すべり試験がなされて評価されて居ります。この小さなHANSはF1、CART、IRLの標準として横たわった運転ポジションに適合して居ります。小さなHANS装置はまたNASCAR、ASA、TramsAm、German Touring Car Seriesのような直立での座席ポジションでのドライバーにとっては最適である。

 負荷の限界値HANS不使用HANS使用減少度
ヘッド移動(インチ)無し179.544%
ネックへの力(ポンド)74093012886%
胸郭偏り(インチ)21.50.660%
ヘッド負傷基準又はヘッド加速(HIC)1000168153268%

テーブル1 HANS使用時と不使用時の前方クラッシュすべり試験結果
(横たわっているドライバーに関して 参照3)

 テーブル1で示されている結果はダイムラークライスラー(参照3&4)による試験からのもので前方クラッシュ時のHANS性能の概要を表して居ります。これらの試験では横たわったドライバーが45Gのクラッシュ時すべり加速でシュミレートするためにダミーを使用して行われました。図表3-5でヘルメットの極端な前方移動を示して居ります。

 HANS不使用時の基本的な試験結果はテーブル1にして示して居ります。これは乗用車用に使用された負傷の限界値に比例して居ります。HANS不使用時ではダミーのヘッドは前方へ揺れてステアリングホイール(図表3)に当たって居りました。ネックへ結果として起こる負荷(ネックの引っ張りとずれによる負荷の結合)は負傷の限界値をはるかに超えて居りました。この重大なるネック負荷は頭蓋骨骨折を導くと共にレーシングドライバーにとって最も共通となる死の原因である。

 HANSは潜在的な負傷を減少させ、HANSの使用でヘッドがコックピットの表面にぶつかることがなくなりました。ヘッド負傷基準(HIC)(重力加速の倍数として述べられているヘッドの重力中心での加速の尺度)は直接的なヘッドへの衝撃の過酷さを評価するために使用されました。HANS使用時のほとんどの場合においてHICは該当しませんでした。HICはHANSの使用より縮小されました。HANS不使用時ではヘッドは前方へ揺れてヘッド加速は揺れのために使用時よりも高くなりました。HANS使用時ではヘッドの前方への動きと反動は減少されました。また、ネックへの負荷も減少されて頭蓋骨骨折の可能性も減って居ります。胸郭偏りも減少して居ります。ダミーがショルダーベルトに押された際、HANS装置はショルダーへのある力が胸郭より離れるように致しました。